FC2ブログ
 
 

ガス抜き

20180803164742253.jpg
毎日仕事場でたっぷりストレスをため込んでる割には爆発はしていない。1時間自転車に乗って帰ることがちょうどいいガス抜きになってるのかもしれない。でも抜けきれないのも確か。明日、一気に抜けてくれるかな。
スポンサーサイト
    21:00 | Comment:0 | Top

チャリ気↑

20180219234811723.jpg
日曜日、暇だったのでカブや自転車のガラクタを整理してたら友人から貰った(うちにある自転車部品はほとんど彼から流れてきたものばかりであるが)クランクが出てきた。丁数を見ると44。いや、ギア比のことはよくわかってないけど、今まで付いてたやつ(48丁)より走りやすいんじゃね?ってほとんど直感で交換。試走したけどすこーし走りやすくなった気がした(笑)でもこうやって自分でカスタムして見た目や走りの変化を感じると自転車通勤のモチベーションが上がるわけです。それはカブでも一緒だ。

しかし、このクランク重たいな!
今まで散々クソ重たい自転車に乗ってたクセに、クランクごときにこの言いよう(笑)
慣れとは怖いものだ。
    22:46 | Comment:0 | Top

早朝神社巡り

DSC_1330.jpg
早朝神社巡り。今回は交野市にある磐船神社に行ってきました。
朝6時半に出発し枚方市内を突っ切り国道168号線磐船街道へ。ここの道は路肩が狭く自転車で走るときは結構気を使います。急勾配の区間に入りギアをローに入れて踏ん張った瞬間にチェーンが外れて焦ったりしながら神社に到着。朝早いので当然貸切状態。

DSC_1342.jpg

以下 神社の由緒書

御祭神 天照國照彦天火明命奇玉饒速日尊(あまてるくにてるひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひのみこと)

『日本書紀』や『古事記』、『先代旧事本紀』などの古い書物によりますと、天孫 饒速日尊(ニギハヤヒ)は天照大御神(アマテラス)の御孫神にあたり、大御神の御命令により、高天原より天の磐船(あまのいわふね)に乗って河内国河上哮ヶ峯(いかるがのみね)に降臨されました。

のちに大和国に入り大和河内地方を開発し、建国の礎を築かれ、人々より天津神(天より来られた貴い神様)と崇敬された神様であります。また、饒速日命が降臨に際して、天空より国土を望まれて「虚空見つ日本國(そらみつやまとのくに)」と言われた事が「やまと」という国号の始まりとされています。

尊は高天原より持って来られた十種瑞神寶(とくさみずのかんだから)により鎮魂祭(たましずめのみまつり)を行い、病に苦しむ人々を助け、死人をも蘇らせたとも云われ、加持祈祷の根元として神道のみならず修験道、密教、陰陽道からも尊崇されて来ました。

尊の子孫は物部氏と呼ばれる古代大和朝廷における最大最強の氏族を形成し、大連として代々の天皇に仕えており、ここ交野の地に肩野物部という一族がおりました。

当神社は、饒速日尊が乗って来られた天の磐船を御神体として祀り、古来より天孫降臨の聖地として崇敬されています。当神社の創祀年代は明らかではありませんが、磐座信仰(いわくらしんこう)という神道最古の信仰形体と伝承の内容から、縄文から弥生への過渡期まで遡ると考えられております。

その後、物部氏を中心として祭祀が行われていましたが、物部氏本宗の滅亡後、山岳仏教や住吉信仰などの影響を受けるようになり、平安時代には「北嶺の宿」と呼ばれ、生駒山系の修験道の一大行場として変貌を遂げるに至り、境内には四社明神の石仏や、不動明王像が祀られ、弘法大師の作とされる磐船和讃が伝承されています。

今でも神仏習合を色濃く残しており、例大祭には護摩壇を設けて大火焚祭(おひたきまつり)が行われています。また、当社大岩窟は、古来より行場として知られ、現地でも多くの行者や拝観者が訪れます。


いや~このブログの読者の方がこの由緒書きを最後まで読んでくれる人はいるんでしょうか(笑)

DSC_1338.jpg
岩窟めぐりはソロでは受け付けてくれないんだと。しかしやたらと「無断拝観禁止」を押してるとこを見ると勝手に入る輩がいるんでしょうね。

DSC_1334.jpg
神仏分離後の仏の破壊活動でも生き残った石像。

DSC_1350.jpg
これほどの神社が自宅から自転車で1時間圏内にあるなんて幸せ(笑)


    20:30 | Comment:0 | Top

アメノドヨウヒノミコト


友人がナニやら奥さんの目を盗んで折り畳み自転車を買うらしく、マウンテンバイクがいらなくなったので譲ってくれると言う。台風でカブツーリングが中止になって暇になったので雨のなか京都まで引き上げに行ってきました。マウンテンバイクといっても色々といじっててマウンテンバイクの原型はなくなっていた(笑)でもツーリングに町乗りにガンガン使えそう。遠慮なく頂くことに。そして会話の中心は来週のカブキャンプとその次の週のカフェカブ青山(←エントリーしました)。カフェカブ青山つっても着いてからあっちのサイクルショップ行きたいだの東京堂行こうだのカフェカブそっちのけの話ばかり(笑)まぁいつものことですが。そんなこんなで今年も残り三ヶ月を切ったというのにカブや自転車でのキャンプツーリングが4つもあるという忙しさ。こんな遊んでて大丈夫なんかな(笑)とりあえずこれ以外もガンバロウ。
    11:56 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール
 
 

ヤマモト

Author:ヤマモト
Cubと自転車と古代史とキャンプもね。

走ってなんぼやで。

 
 
最新記事
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
カレンダー
 
 
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -